top of page
  • 執筆者の写真五十嵐畳店(千葉県) 息子ブログ

アート! ドラゴン畳

更新日:2022年4月30日



畳で竜を表現。



こちらの写真、8畳の大きさで、201個の様々な形をした畳が組み合わされて

できています。


こちらの写真、おそらく絵柄に色を塗っておりません。



畳の向きを変えることにより、

い草の色の濃淡を表し、

絵柄がくっきりと浮き上がっているそうです。


敷物としての畳ではなく、


アートとしての畳。


もちろん、アート畳も敷物としての用途はあると思いますが、

従来の畳の使い方とは、別の使い道が出てきたように思います。



美術館にあるような絵画や高級絨毯を買う感覚・・・

そんな感覚が広まると、畳の需要もまだまだあると感じます。





■出典:岐阜新聞


■ブログ作成元 五十嵐畳店

[公式ホームページ]

住所:千葉県船橋市駿河台2-18-9

TEL:047-422-1005

【公式LINEもはじめました】

[畳工事]

畳替え:表替え、裏返し等の張替え、新調の畳交換、畳の処分

4畳、6畳、8畳など様々な広さの張替えをしております。

[畳の種類]

へりつき畳、琉球畳(へりなし畳)、カラー畳(和紙畳、樹脂畳)、ダイケン

[対応地域]

千葉 (船橋市、市川市、八千代市、習志野市、鎌ヶ谷市、千葉市花見川区)

「畳交換、畳張替え、畳表替え、畳替え、畳新調、畳裏返し・・・」と

いろいろな呼ばれ方をしていますが、畳 張替え方法は3つだけです。

めったにない張替えの機会ですので、できるだけわかりやすく、丁寧に畳張替えをいたします。

五十嵐畳店




Comments


bottom of page