•  息子

デニム兄弟 泊まれるデニム屋

最終更新: 2020年12月12日



想いが詰まった和室。デニム×和


上記の写真、一見海が見える良い感じの和室に見えますが、

デニム兄弟の想いが詰まった宿泊施設になります。



デニム兄弟?



ご存知でしょうか?

地域に根差す衣食住の生産者に会うべく、

47都道府県をキャンピングカーで旅をされていました。

クラウドファンディングで1,100万円の支援額を達成しており、

応援される力をお持ちな方々です。


●クラウドファンディング プロジェクト詳細

https://readyfor.jp/projects/everydenim#5



どんな想いか?



デニム兄弟は、47都道府県の生産者にお会いし、

「自分の大好きな地域で生きることを決め、

 土地に根ざし、いきいきと活動する生産者の方々」を肌で感じ、



「自分たちも、人を暖かく迎え入れ、

地域のことを紹介できる場所がほしい。」


「今後は自分たちが迎え入れる側になりたい。」



そんな思いでデニム兄弟は宿泊もできる拠点をつくることにし、

できた和室の宿泊施設になります。



その拠点が、ジーンズの街 岡山県の児島。



デニム工場が集積する児島。



せっかく日本のデニム作りに関心をもって訪れた方の為に、

デニム工場で働くものづくり側の人たちと、

ジーンズを着用する消費者側の人たちとの距離を縮めたいという

想いが拠点に込められています。




拠点に併設されたデニムのセレクトショップ↓


拠点併設cafeラウンジ↓

出典:岡山観光WEB

畳和室のデニムふすま↓

出典:岡山観光WEB



和室の畳のへりに使用されたデニム素材の畳へり↓

出典:岡山観光WEB

地域に根付く、

地域ならではのデニム産業。

「その地域ならでは」を伝える想いを込めて

施設随所に使われるデニム。



「各地域ならではの想い」を伝える為に

使われたであろうデニムの畳へり。



畳のへりは、

各地域の想いを乗せるような使われ方が

根付くといいなあと考えています。





■DENIM HOSTEL float

https://www.denimhostelfloat.com/


■岡山観光web

https://www.okayama-kanko.jp/okatabi/499/page


■readyfor デニム兄弟 クラウドファンディング

https://readyfor.jp/projects/everydenim#5


#岡山県 #へり #畳交換 #畳敷き #縁 #畳部屋 #畳屋 #畳店

  


46回の閲覧0件のコメント

【営業時間】 7:00~18:30 月曜~日曜・祝日 ※不定休​

【訪問エリア】お電話1本でかけつけます。
 千葉県船橋市 | 習志野市 | 八千代市 | 鎌ヶ谷市 | 市川市 | 千葉市
  ※千葉県内、他の地域にお住まいの方もお気軽にご相談下さい。

(有)五十嵐畳店

〒273-0862

千葉県船橋市駿河台2丁目18ー9

TEL:047-422-1005 FAX:047-423-7431