ご挨拶

「日本の畳文化を存続させたい。」
この一言に尽きます。
今はコロナ情勢で残念ながら海外旅行の機会はありませんが、近隣アジアや欧州などに旅行で訪れたことはございますでしょうか?有名な観光施設や観光地、ソウルフードを楽しむ事は勿論ですが、その国ならではの街並みを歩くだけで楽しかった思い出もあるのではないでしょうか。
 日本に訪れる海外の方も同じ気持ちで、日本の街並みを含め「日本ならでは」を楽しんでいるのだと感じています。
日本古来の木造建築が立ち並ぶ京都をはじめ、岐阜県の古い街並みなど、日本らしさの景観・文化を楽しむために多くの海外旅行者が賑わっています。
人気がある理由は、まさに「日本らしさ」「日本ならでは」を体験できる事にあります。日本らしさを感じられる伝統的建造物と、部屋に敷かれた畳。アメリカでは靴を脱がない文化があるように、日本では靴を脱いで部屋で寛ぐ文化を味わいたい旅行者。
だからこそ畳は、日本らしさには欠かせないものだと考えております。
 約1000年にわたって使われ続けている畳。
平安時代には貴族の邸宅に使用され、江戸時代には庶民に浸透してきました。長い歴史があるからこそ、今でも物件探しには必ず表記されている、部屋の広さを表す単位「〜畳」。
洋風化に伴い、日本のDNAが無くなるのは寂しいです。
時代が目まぐるしく変化している今、畳文化を存続させる為には、畳も変化しなければなりません。昔ながらの伝統的な畳のみに固執せず、畳も時代に合わせなければなりません。
まずは畳の再認知を啓蒙し、あらゆる畳の可能性を模索していきます。
無意識に安らぐ落ち着く畳、日本の文化が後世に残るよう、ぜひ畳をご愛用ください。

【営業時間】 7:00~18:30 月曜~日曜・祝日 ※不定休​

【訪問エリア】お電話1本でかけつけます。
 千葉県船橋市 | 習志野市 | 八千代市 | 鎌ヶ谷市 | 市川市 | 千葉市
  ※千葉県内、他の地域にお住まいの方もお気軽にご相談下さい。

(有)五十嵐畳店

〒273-0862

千葉県船橋市駿河台2丁目18ー9

TEL:047-422-1005 FAX:047-423-7431