top of page
  • 執筆者の写真五十嵐畳店(千葉県) 息子ブログ

1色で2色を演出できるへりなし畳(琉球畳)


へりなし畳 施工例 市川市
へりなし畳 施工例 市川市


光の反射で色が変わってみえる琉球畳




こんばんは。

五十嵐畳店です。



突然ですが、

上の写真の畳は、1色しか使っていないんです。


特に特殊な畳でもなく、一般的なへりなし畳の写真です。



畳をタテ・ヨコ交互に敷いていて、

光の入り具合、見る角度によって、

まるで2色の畳を交互に敷いているように。

色味が変わって見える特長があります。





最近、へりなし畳(琉球畳)のご依頼をいただいたお客様から、


「市松模様に見えるへりなし畳は、2色を使っているんだと思ってた~」



とお声をいただくことが増えてきたので、

紹介してみました。



畳を見る角度によって、色味の濃淡も変わって見えます。




例えば、この写真は、正面から見たときの色味。👇

へりなし畳 施工例 市川市
へりなし畳 施工例 市川市 灰桜色


この写真は、右斜めから見たときの色味。👇

へりなし畳 施工例 市川市
へりなし畳 施工例 市川市 灰桜色



上の写真2枚は、同じ部屋の畳なのですが、

見る角度によってこんなにも色の差が出るんです。




先日へりなし畳(琉球畳)を納品させていただいたお客様は、



「すっかり2色を選ぶものだと思って、そのつもりでいたから悩む~」



と仰っていました。

ですので、1色でも市松模様になりますので、

どの色味にするか検討されている方は、参考にしていただければと思います。




もちろん、2色を使ってへりなし畳を敷くこともできますが、

1色を使ってタテ・ヨコ交互に敷く方法を選ばれる方が多いですよ。







■五十嵐畳店

[公式ホームページ]

 

住所:千葉県船橋市駿河台2-18-9

TEL:047-422-1005  

(7:00~20:00不定休)




Comments


bottom of page