•  息子

桜のお花見に畳シート

最終更新: 6月6日



before → after


こちらの写真はよく見るお花見の風景。


最近、日本の風景を変えるべく、

畳さながらの畳レジャーシートが販売されたようです。

コンパクトに折りたためて持ち運びも便利。



上の写真が畳レジャーシートを敷く前のbefore


下の写真畳レジャーシートを敷いた後のafter




桜と畳両方の日本らしさの組み合わせで

風景にすごく合っているように思います。


今までブルーシートはなんとも思わず当たり前の風景として

見ていましたが、比べると一目瞭然です。



こんな景色になっていったら良いと思う反面、

なかなか花見客全員が畳レジャーシートを敷くとは思えません。



個人的には、畳×花見を実現するために

直接畳を敷いた花見イベントはありだなと感じます。


これまでのブログでもご紹介した、

歩行者天国で道路に畳を敷いたり、

サッカー観戦席に畳が敷かれていたり、

小田原の路上でかまぼこや日本酒利き酒イベントに畳が敷かれていたりと


野外イベントで畳が活用されています。



ある花見会場に畳を敷いて、

花火大会の協賛席のようにゆっくり楽しみたい方に向けて有料で提供する。

(畳1枚当たり結構な値段がするので)

大学のサークルのようにガヤガヤしている所で過ごしたくない方に向けて、

静かに楽しみたい方限定とする。

畳の席は、1畳分や2畳分と広さは様々にして、縁の色で区分けする。


外国人観光客にもニーズがあるのではないでしょうか。





ユーモア

https://www.felissimo.co.jp/youmore/blog/main01/cat2997/post-233/



#畳 #桜 #お花見 #日本文化 #畳店   

0回の閲覧
  • Twitter Social Icon

【訪問エリア】お電話1本でかけつけます。
 千葉県船橋市、八千代市、鎌ヶ谷市、市川市、習志野市、千葉市
  ※千葉県内、他の地域にお住まいの方もお気軽にご相談下さい。